外壁塗装を安くする3つのポイントと安い塗装業者の注意点

  • 2020年5月15日
  • 費用・相場

安い外壁塗装を実現する方法

外壁塗装(屋根塗装を含む)は100万円〜120万円が相場価格です。

これは建坪30坪前後の戸建て住宅を、外壁塗装の標準塗料である、シリコン塗料を使用した際の、中心価格帯になります。

外壁塗装の価格は、塗料のグレードや、施工業者の施工単価によって変動します。

同じ建物を、同じ塗料で塗装をしても、業者によって大きな価格差が生じることは珍しくありません。

外壁塗装を安く施工するためには、まずは、自宅の外壁塗装の相場価格を理解して、その相場価格よりも安い業者を探すことが重要です。

そこで、この記事では外壁塗装を安くするために、是非、実践して欲しい、3つのポイントについて具体的に解説します。

この記事を読むだけで、価格と品質を両立した費用対効果の高い外壁塗装を実現できる知識が身に付くので是非、参考にして頂ければと思います。

外壁塗装の相場については、「外壁塗装の費用相場まとめ」で詳しく解説しています。自宅の外壁塗装の相場理解することで、業者の提案内容、見積り価格の妥当性が分かるようになるので、実際に業者を探す前に、自宅の外壁塗装の費用相場を理解しておきましょう。

1.外壁塗装を安くする3つのポイント

まず始めに、外壁塗装を安くする3つのポイントについて見ていきましょう。外壁塗装を安くするポイントは下記の3つです。

  • 自社直接施工業者に依頼する
  • 複数の業者で相見積もりをする
  • 閑散期に外壁塗装を依頼する

それぞれ、具体的に見ていきましょう。

1-1.自社直接施工業者に依頼する

外壁塗装業者はハウスメーカーやリフォーム会社、訪問販売業者など様々な業者が対応できますが、その殆どは実際の施工を下請け業者に委託する営業会社です。

一方で、営業から施工前一貫して行える、自社直接施工業者に依頼することで、安く外壁塗装を行うことができます。

自社直接施工業者は、下請けに工事を委託しないため、中間マージンが発生しません。営業会社と比べて下請け業者の利益が見積もり価格に上乗せされないため、営業会社と比べて2〜3割ほど安くなります。

ハウスメーカーの外壁塗装は高額なことで有名ですが、これは下請け、孫請けなどの間に入っている業者が多く、多くの中間マージンが発生しているからです。

このように外壁塗装は自社直接施工の業者に依頼することで、安く工事が実現できる可能性が高まります。

1-2.複数の業者で相見積もりをする

複数の業者から見積もりを取得する相見積もりをすることで、外壁塗装の見積もりが安くなります。

外壁塗装は同じ仕様で見積もりをしても業者によって見積もり価格が異なります。

これは業者の施工形態(自社施工や下請け施工)や自社の利益配分などが異なるためです。

複数の業者で相見積もりをすることで、施工単価の安い業者や利益配分が適切な業者が分かるようになります。

また、1社に限定するよりも、2社、3社と相見積もりをすることで、競争意識が芽生えるため、値段交渉がしやすくなります。

このように複数の業者から相見積もりをすることで、外壁塗装の価格が安くなる可能性が高まります。

外壁塗装の一括見積もりは弊社が運営する「いえぬり」が便利です。あなたの地元の優良外壁塗装業者をご紹介させて頂きます。「外壁塗装の価格を安くしたい」「安い業者を探している」という方は、是非、この機会に「いえぬり」をご利用ください。

1-3.閑散期に外壁塗装を依頼する

外壁塗装の閑散期は値段交渉がしやすいため、安く施工ができる可能性が高まります。

外壁塗装は春の3月〜5月、秋の9月〜11月が繁忙期になります。

適正価格で高品質な施工ができる優良業者であるほど依頼するのが難しくなります。

また、相見積もりにも対応してもらいずらくなります。

一方で、閑散期に外壁塗装をすることで、相見積もりにも対応してもらいやすく、値段交渉もしやすいため、安く施工ができる可能性が高まります。

2.安すぎる外壁塗装の注意点

外壁塗装は「塗料」や「足場」職人の「人件費」など原価があります。

その原価を基準にして安すぎる外壁塗装も手抜き工事が低価格を支えている可能性が高いため非常に危険です。

そこで、ここからは、安すぎる外壁塗装の注意点について具体的に見ていきましょう。

2-2.手抜き工事が低価格を支えている

安すぎる外壁塗装は、手抜き工事が低価格を支えているケースが多いです。

「塗料を薄めて使用する」「必要な工程を省く」など、品質を落とすことで、外壁塗装の原価を安くし、低価格を実現しています。

施工後、すぐに塗装が剥がれるなど不具合が発生する可能性が高いため注意が必要です。

2-1.追加工事を前提としている

安く外壁塗装を受注して、後から追加工事を提案してくるパターンです。

足場を組んだ後に、「この塗料では持たない」」と塗料の提案があったり、屋根工事の追加工事を提案されることが多いです。

安く外壁塗装を施工する一方で、追加工事が非常に高額になります。

不必要な工事も提案されることも珍しくないため、安すぎる外壁塗装には注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?外壁塗装を安くする方法についてご理解いただけましたか?

外壁塗装は相場価格よりも高額な業者も多いです。

そのため、自宅の相場価格を理解して適正価格で高品質な外壁塗装を実現できる優良業者に工事を依頼することが大切です。

トラブルなく外壁塗装を成功させるなら

外壁塗装は、修繕規模によっては何百万円もの費用がかかります。
だからこそ、依頼をする業者は慎重に選ぶべきです。

いえぬりでは、資格保有のアドバイザーがお客様に合った業者選びのお手伝いをさせていただきます!

よく読まれる人気記事

おすすめ最新記事