省エネ住宅エコポイントを外壁塗装に適用する方法

  • 2016年7月22日
  • 費用・相場

最近よく耳にするエコポイント。

スーパーではレジ袋をエコバックにすると割引されたり、ポイントがついたりしますよね。また、車でもCMなどではエコカー減税などなど。

消費者の私たちからすると願ってもない事なのでありがたい限りですよね。

そして、そのエコポイントと言うのが住宅にも適用されているのです。

まぁ、知っているよと言う方も多くいらっしゃると思うので、あまり自慢げには言えませんが、知らない方、もしくは名前だけは聞いた事があるという方必見です!!

今回は、省エネ住宅ポイントについての実態をご紹介していきたいと思います。

1. 省エネ住宅ポイント制度

こちらの制度は、省エネ住宅の新築やエコリフォームの普及を図るとともに、消費者の需要を喚起し、住宅投資の拡大を図る事を目的とし、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やエコリフォームに対して、様々な商品等と交換できるポイントを発行する制度。

わかりやすく言うと、性能の良い家と認められる住宅に対して、国が商品券や工事費に変えられるポイントを発行してくれる制度です。

 

 1-1.外壁塗装でもらえるエコポイントの詳細

種別 内容
新築 最大30万ポイント
リフォーム 最大45万ポイント(通常30万ポイント+耐震改修15ポイント上限)

1-2.エコポイント対象条件

注意が必要なのが、全員が必ず貰えるというわけではなく、きちんと貰える条件がありますので確認が必須になります。

対象期間・期限は、平成26年12月273日以降に工事請負契約を結び平成28年3月31日までに建築着手、着工した物件が対象です。

また、国が定めた予算枠を使い切った時点で終了となる。

※閣議決定前の平成27年2月3日以前に工事が完了した物件は対象外です。

1-3.エコポイントの使い道

ポイントはエコ商品や商品券・追加工事への即時交換(工事費)などに利用できます。

エコ商品や商品券ももちろん嬉しいのですが、追加工事にも対象となるのは本当に嬉しい限りですよね。

1-4.申請方法

この省エネ住宅エコポイントについては先ほども申し上げたとおり、省エネ住宅に対する措置なのでその規格に適合している証明が何らかの形で必要になります。

その一つとしてフラット35s適合証明書がありますが、省エネ住宅ポイントだけを取得するなら省エネ住宅ポイント対象住宅証明書を取得するのが一般的です。

以上のことから、省エネ住宅エコポイントに適合している物件にお住まいの方、もしくは現在着工をしている方なんかは、公式ページに詳しい詳細が載っていますのでチャックしてみるといいでしょう。

また、公式ホームページにはお問い合わせも出来ますので合わせてご利用ください。

トラブルなく外壁塗装を成功させるなら

外壁塗装は、修繕規模によっては何百万円もの費用がかかります。
だからこそ、依頼をする業者は慎重に選ぶべきです。

いえぬりでは、資格保有のアドバイザーがお客様に合った業者選びのお手伝いをさせていただきます!

よく読まれる人気記事

おすすめ最新記事