外壁塗装の仕上がりが不満!やり直してもらえるか?

  • 2016年7月19日
  • 業者選び

「ここがに塗り残しがある!」、「サッシに塗料が飛び散っている」など、外壁塗装の工事が完了してから気づく問題点ってありますよね。

「業者にもう一度手直ししてもらいたい!」、「この部分だけやり直してもらいたい!」そう思うことってありますよね。

そこで、この記事では、「施工後の手直し、やり直し」について詳しくお伝えします。

満足な仕上がりではない場合やり直してもらえるのか?

まず、結論からお伝えさせていただくと、「色ムラ」、「塗り残し」などの、明らかな業者側の施工ミスの場合、やり直してもらえる可能性が高いです。棒人間迷う

しかし、「思っていた色と違う!」というケースの場合、一般的にやり直してもらうことはできません。

色ムラ、塗り残しの手直し、やり直し

棒人間YESNO一般的に”色ムラ”や、”塗り残し”といった業者側の施工不良が原因の場合、手直しや、やり直しができます。

やり直しができますが、これも正直なところ「業者による」という言い方が正しいかもしれません。

基本的に外壁塗装は施工主立ち合いの元、最終確認をすることが普通です。

普通ですが、業者によっては、「最終確認でOKしたじゃないですか?」と対応してくれない業者も存在します。

なので、塗装後のアフターフォローも含めて業者選びの段階で誠実に対応してくれる業者を選ぶ必要があります。

完成した色がイメージと異なる場合のやり直し

基本的に色味に関する手直しややり直しは対応してもらえません。カラーパレット

施工前に色味に関して、塗料の色見本で確認をしなかった場合は対応してもらえるかもしれませんが、色見本で指定した色がイメージとことなった場合はやり直してもらえません。

色見本で選んだ際は、お客様が選んだ色で施工をしているために、業者は対応をしてくれないのが一般的です。

なので、色味に対するトラブルを回避する方法としては、大きなサイズの色見本を作成してもらったり、中塗りの際に試し塗りをしてもらうなどミスマッチを起こさない工夫が必要になります。

まとめ

一般的に業者の施工不良による手直し・やり直しは対応してもらえる確率が高いですが、業者によっては対応してもらえないケースもあります。

つまり、施工後のアフターフォローも含めて業者を選定することが大切です。

そのために、複数の業者を比較しながら誠実な業者選びを心がけることが大切です。

棒人間相談

トラブルなく外壁塗装を成功させるなら

外壁塗装は、修繕規模によっては何百万円もの費用がかかります。
だからこそ、依頼をする業者は慎重に選ぶべきです。

いえぬりでは、資格保有のアドバイザーがお客様に合った業者選びのお手伝いをさせていただきます!

よく読まれる人気記事

おすすめ最新記事