外壁塗装でセラミック塗料を提案された時の注意点

  • 2016年7月22日
  • 塗料

外壁塗装を行う際、考えないといけないのはどの塗料を使用するかですよね。

もちろん、どうせやるならいい塗料で塗りたいと考えるのは当たり前のことです。

塗料の種類ってたくさんありますよね。

そうなってくると、その塗料の成分や特徴を調べると思うのですが、色々ありすぎて結局何が一番いいのかわからなくなって頭を抱えてしまいます。

この記事では、たくさんある塗料の中でも比較的人気の高いセラミック塗料についてご紹介していきたいと思います。

1. セラミック塗料とは

まず初めに、セラミック塗料とは一体どんな塗料なのでしょうか。

セラミック塗料とは、セラミックが配合された塗料のことです。

塗料の中に無機質なセラミックを混ぜることで、乾燥過程で塗膜表面に親水性が高いセラミックが浮き彫りに出る形になり、結果汚れに強い壁となります。

そもそもセラミック塗料が開発されたのは今から20~21年前に関西ペイントがアレスセラ〇〇というセラシリーズが最初です。

現在、セラミック配合塗料は、色々なメーカーから販売されていますが、販売しているメーカーによって特徴がまちまちです。

それでも一般的にセラミック塗料は高耐久防水性低汚染と言われています。

ここでひとつ注意してもらいたいのが、セラミック塗料には、100%セラミック塗料というものはありません。

セラミックはあくまで原料のひとつなので、セラミック塗料=万能な塗料ってことではないことは覚えておきましょう。

また、セラミックを微量に配合してもセラミックと言われてしまう場合があり、このように微量のセラミックでもセラミック塗料と謳っている業者もいますので注意が必要です。

2. セラミック塗料の特徴

  • 耐久性が高い
  • 親水性で汚れが付きにくい
  • 低汚染性で汚れにくい
  • 耐熱性で熱を伝えにくい
  • デザイン性を持たせられる

確かにセラミックはいい成分がたくさん入っていますが、だからと言ってセラミック塗料が全ての特徴に優れているのではありません。

セラミック塗料とひとくくりで呼ばれていますが、様々な主要成分に状態の異なるセラミックが配合され、セラミック塗料と呼ばれているのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事でセラミックのことを少しでもご理解いただければ幸いです。

セラミック塗料は確かに大変優れた塗料ですが、先ほども申し上げた通り全ての特徴に優れているわけではないですし、また、通常の塗料よりもお値段が高くなります。

塗装業者によってはセラミック塗料を勧めてくると思いますが、「セラミック塗料だから100%安心」とその言葉だけを真に受けに、正しい知識とご自宅の状態・塗料の特徴を比較して塗料を選びましょう。

トラブルなく外壁塗装を成功させるなら

外壁塗装は、修繕規模によっては何百万円もの費用がかかります。
だからこそ、依頼をする業者は慎重に選ぶべきです。

いえぬりでは、資格保有のアドバイザーがお客様に合った業者選びのお手伝いをさせていただきます!

よく読まれる人気記事

おすすめ最新記事