外壁塗装の弾性塗料の基礎知識と具体的な塗料の種類

  • 2016年7月19日
  • 塗料

モルタルの場合、外壁材の性質上、経年劣化によって必ずヒビが入ってしまいます。

しかし、このヒビ割れが非常にやっかいで、しっかりと補修しないと一時的に外壁塗装でひび割れがなくなったように見えても、またヒビ割れが発生してしまいます。

しかし、そんな時に活躍するのが弾性塗料と呼ばれる塗料です。

弾性とはゴムのような力を加えられると伸縮して変化するものを言います。

そこで、この記事では塗料選びに迷われていらっしゃる方を対象に、ゴムの性質でクラックやヒビ割れに効果を発揮する弾性塗料について詳しく解説して参ります。

1. 弾性塗料の種類

まずはじめに、弾性塗料の種類について詳しく解説してまいります。

同じシリコン塗料でも弾性塗料であったり、そうでなかったりするので、塗装業者から提案を受けている方は是非参考にしてみてください。

商品名  グレード  塗料の種類  特徴
DANシリコンセラ
(日本ペイント)
シリコン 水性 耐候性に優れ、美し外観に仕上がるのが特徴。ヒビ割れ追従能力に優れ、中性化防止に優れている。
弾性ビニロックアクリルシリコン
(ロックペイント)
シリコン 水性 柔軟性のあるアクリル樹脂と、シリコン樹脂のハイブリット塗料。
セラミクリーン
(エスケー化研)
シリコン 水性 耐候性に優れ、美し外観に仕上がるのが特徴。従来の単層弾性塗料と比較しても耐久性に定評がある。
シリコンテックス
(関西ペイント)
シリコン 水性 水性アクリルシリコン樹脂の含有により長期の耐候性に優れて. います。 防カビ性・防藻性に優れています。 透湿性に優れています。
セラビューレ
(スズカファイン)
シリコン 水性 セラミックシリコン配合の高耐久性塗材。ローラー工法による、立体感のある均一なさざなみ模様に仕上がります。
ダンディシリコンクリーン
(大日本塗料)
シリコン 水性 候性に優れ、美し外観に仕上がるのが特徴。防カビ性・防藻性に優れています。 透湿性に優れています。

2. 弾性塗料の特徴

一昔前、弾性塗料はヒビ割れしない塗料として人気だったこともありますが、実は、弾性塗料は使い方を間違えると、通常の塗料よりも耐久性が低下してしまうことがあります。

これは、弾性塗料が悪いというわけではなく、弾性塗料の性質によるものです。

弾性塗料は一般の塗料と異なり、規定の希釈率で薄めると、粘性を持ったドロドロとした状態になります。

しかし、その状態では非常に塗装がしづらいために、慣れていない職人などは、作業効率を優先して薄めてしまうこともあるのです。

つまり、規定値以上に塗料を薄めて使用してしまうことで、通常の弾性塗料本来の性能が発揮できずに、結果的に耐久性が低くなってしまうのです。

その中で、特に注意をしなければならないのが、単層断層仕上げというものです。

単層断層仕上げの場合、塗り膜を厚くすることで、効果を発揮するために、規定値以上水に薄めて使用されると塗料本来の力が発揮できずに。通常の塗料よりも耐久性が低下します。

3. 弾性塗料の種類

弾性塗料の種類 特徴
単層弾性仕上げ 塗膜を厚くすることで、ひび割れに強い塗膜を形成。下塗り1回、上塗り2回が標準。粘性が強いために、薄めて使用する業者もいるので注意が必要。
複層弾性仕上げ 下塗り1回、中塗り2回、上塗り2回が基本。クラック追随性能を有し、ひび割れに対して最も効果を期待でる塗料。
微弾性塗り材 シーラーの代わりに使用する下塗り材。微弾性下塗り1回、上塗り2回が標準。

単層断層仕上げの場合、塗り膜を厚くすることで、効果を発揮するために、規定値以上水に薄めて使用されると塗料本来の力が発揮できずに、通常の塗料よりも耐久性が低下します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?弾性塗料についてご理解いただけたと思います。

弾性塗料は粘性が強いために、業者のスキルが試される塗料になります。作業の効率化を図り、塗料を薄めてしまう業者もあるために、ひび割れや、クラックを考慮して、弾性塗料を使用する際は塗装専門店に工事を依頼することをおオススメします。

トラブルなく外壁塗装を成功させるなら

外壁塗装は、修繕規模によっては何百万円もの費用がかかります。
だからこそ、依頼をする業者は慎重に選ぶべきです。

いえぬりでは、資格保有のアドバイザーがお客様に合った業者選びのお手伝いをさせていただきます!

よく読まれる人気記事

おすすめ最新記事